Monthly Archives: 2月 2018


第43回日本盆栽作風展 内閣総理大臣受賞記念祝賀会を開催しました

日本盆栽作風展は日本盆栽協同組合に所属するプロの盆栽作家が日々の管理や樹作りの技術を競う大会。
2017年に開催された同展において最高賞である内閣総理大臣賞に選ばれたのは栃木県那須塩原市の藤川政幸さん(藤川鳳政園)。
15年にわたり丹精込めて育てた蝦夷松「鳳凰」を出品し、初めての最高賞受賞となりました。
藤川さんは世界的な盆栽作家として知られる木村正彦氏のもとで10年間の修行を経て作家としての技術を磨きました。
日本宝樹会発足後は会のメンバーとして活動し、「日本大宝樹展」の運営でも大変な活躍を見せてくれました。
この度の受賞を受け、日本宝樹会では受賞記念祝賀会を日光東照宮客殿にて開催しました。
祝賀会には稲葉久雄宮司をはじめ、師匠である木村正彦氏など関係者25名が祝福し、日本宝樹会会長の葉坂 勝氏より記念品が贈呈されました。
受賞した藤川さんは「初めてのタイトルを祝っていただき、ありがたく思います。
世界中の人が訪れる日光で盆栽の魅力を広めていきたいです」と述べました。
今後のさらなる活躍が期待されます。